生活者ネットワークの理念を忘れずに

2010年1月28日 02時26分 | カテゴリー: 活動報告

ほっと HOT!市民の集い 

1月21日「ほっとHOT!市民の集い」では、皆さん大勢お集まりくださいまして、誠にありがとうございました。

国や都の制度を元から変えなければ、解決できないことはたくさんあると思いますが、やはり地域の足元を考えて私たちが行動することが日本全体の幸せに繋がると信じています。

私はこれから市民の声を集める、議会に届ける、それは私ががんばって一人でやることではなく、皆さんが思っていることを、行動していくことを、ひとつのかたちにして議会に代弁する。そんな議員をめざしたいと思います。

ここで、昨年10月に東京・生活者ネットワーク、町田・生活者ネットワークと私の3者で交わした誓約の一部をご紹介します。

生活者ネットワークは市民自治を広げることを目的としてつくられた市民の集まりであり、市民による政治改革などの活動を行う。

生活者ネットワークがくみ上げた市民の声を市政に反映させるべく全力を尽くし、名誉や地位や経済的利益のために議員になるのではないことを誓約する。

東京・生活者ネットワーク町田・生活者ネットワークは全ての行動の基本に市民の要求を置くことをお互いの根本理念とし、その実現のため市民と共に市民の手で市民によって全ての活動を進める。

この三ヶ月間たくさんの方から、励ましの言葉やアドバイスをいただいております。毎朝駅に立つときや地域の方にお会いするとき、付き添ってくれる方もいて、本当にいろいろな人の応援があって私があるということを絶対に忘れないでいこうと今誓いましたので、皆さん覚えておいてください。

20年以上この理念に賛同して活動してこられた方々から引き継いで、この理念をまた次の人に繋げていきたいと思います。