秋晴れのもとで 

2010年11月26日 15時09分 | カテゴリー: 活動報告

「たがやす」の芋煮会

ファーマーズセンターの厨房でターツァイと
ファーマーズセンターの厨房でターツァイと
私は農作業受託ネットワーク「NPO法人たがやす」の設立以来の会員なのですが、援農作業に関してはまるでお役に立っていません。しかし芋煮会には準備から参加することができました。

まず七国山のファーマーズセンターの外の流しでサツマイモ、ゴボウ(大根と間違うような姿のものもありました)、ニンジン、店では売ってないサトイモの「親イモ」の盛大な泥落としから始まりました。

たっぷり泥つきの個性豊かな形の根菜に、これこそ土の恵みだ—、でも屋外で流しのないところではこの作業はできないなーと思いながら、たわしでゴシゴシ。厨房ではピーマンを切りターツァイの葉をちぎり、大根をいちょう切りにし、と大量の野菜を8人ほどのお料理隊で豪快に調理、盛り付けをしていきます。

包丁はよくといであり、面白いように切れます。普段料理が嫌いな私も、味付けは料理名人がしてくれるので、気楽に、お料理作りを楽しむことができました。サツマイモと林檎と合わせた美味しさ抜群のりんごきんとん、お汁粉、サラダ、芋煮、野菜スープ、野菜炒めと沢山のメニューを堪能しました。

おっと、完成品の写真を取り忘れ・・想像してくださいね。