明けまして おめでとうございます

2011年1月7日 11時59分 | カテゴリー: 活動報告

萩市の実家に行ってきました

博物館には甥っ子と行きます
博物館には甥っ子と行きます
暮れに退院したばかりの父の様子を見るために山口県は萩市の実家に行ってきました。

31日が町田に戻る日で、新幹線に乗るために、萩市から新山口駅までバスで山越えをしました。中国山地は吹雪、新幹線に乗っても京都までは雪景色、町田に戻るとからりと晴れていて別世界でした。

ここ数年帰省すると必ず行くのが2004年に移転、新築された萩博物館です。常設展示は明治維新の原動力となった吉田松陰と松下村塾の塾生たちを紹介するものをはじめ、萩市の歴史を伝えるものがあります。その他に萩市にすむ昆虫2500種と、海岸で採取した貝の標本がぎっしりと展示してあり、図鑑もそばにあるので、自分が採った虫や貝の名前を調べることができます。

南方にすんでいるタカラ貝もあり、地球温暖化のせいなのかその数が増えているそうです。どうやって貝がらを手に入れるのですか?と聞いたことがあります。「冬の海岸を採取する方たちが横1列に並んで歩きながら拾います。」

 そこで菊ヶ浜に行ってみました。夏の海岸では手に入らないサクラ貝に似た薄い花びらのような貝が2枚合わさったままの状態で、何個も見つかり、感激しました。

 萩の町中を博物館として萩の宝を守ろう、使おうという構想があり、萩の自然と文化、歴史がギュッとつまっているところが博物館、ということになっています。人口6万人弱の自治体が、市民のほこりを呼び覚まし観光客を呼び込もうとする意気込みをここに来ると感じることができます。さて町田市のお宝はなんでしょうか?
 
 1月1日は暗いうちから出かけ、某会の新年の集まりに出席し、野津田神社に参拝したあと、初日の出を拝むことができました。(うちの近所は初日の出を見るちょっとしたスポットになっております。)

 年末から年始まで早寝早起きの生活ももう元通りに・・出だしだけは好調というところでしょうか。
今年もよろしくお願いいたします。