原発反対!に反対される

2011年6月7日 18時05分 | カテゴリー: 活動報告

「6.11脱原発100万人アクションin町田」が近づいてきました

鶴川駅にて パレードのチラシを撒きました
鶴川駅にて パレードのチラシを撒きました
 私が加わっている『原発事故を考える町田市民の会』で企画した、「6.11脱原発100万人アクションin町田」が近づいてきました。 会のブログができ、アクセス数も2週間で1000を超えました。
 インターネットだけでなくチラシでも案内を撒き散らそう!と朝の鶴川駅でパレードのお誘いのチラシを配りました。

そこで、あるお方も演説をしていたのですが、私の仲間と話し合い(バトル??)の結果・・・・・・演説に交えて「原発反対って言うけど電力の3分の1は原発で作ってる、そんな単純なことできるわけないでしょ。反対するならもっと前に命がけで反対すればいいんだ。」などとあおる事、あおる事・・。うーん。この対比がなんとも言えませんね。

 明日から市議会が始まります。放射線量の測定に関する請願が3件出ています。市はあくまでも市独自で測定はしないという態度を貫いています。

線量計を購入すればその値段もさることながらきちんと測定しデータを分析する人材が必要であリ、そこまでは出来ないという理由です。一方、個人や市民団体で自主的な測定が始まっています。

 もうすぐプールが始まるが掃除を子どもたちにさせていいの?、運動会に裸足で組み体操して大丈夫?様々な心配の声が寄せられています。

今拡散している放射性物質がのちのちに私達にどういう影響を及ぼすのかは将来になってはじめて解ること、だから今得る事ができるデータはきちんと取って残さなくてはいけなし、どのような対応をすればいいか考える材料が身近に必要だと思うのです。