6月4〜5日 名取市〜仙台市

2011年8月9日 17時06分 | カテゴリー: 活動報告

東北 被災地を訪れました

仙台港近く もと畑?
仙台港近く もと畑?
 夫の勉強仲間である南相馬市の会社の方から現地をぜひ見に来てくださいとお誘いを受けました。この機会を逃す手はないと、4日は息子の中学の体育祭でしたが、開会式だけ参観して、「来年はしっかり応援するからねー」と思いながら夫と駅に向かいました。

 大宮で10時過ぎ発の東北新幹線で仙台へ、在来線に乗り換え南仙台で下車、まず名取市の高台の住宅街にすむ私の妹宅までタクシーで向かいました。所々瓦屋根が落ちて、青いビニールシートをかぶせてある家を見かけるがそれ以外では外見上の被害は見受けられませんでした。

 妹は10年前東京都内から夫の転勤で名取市に引っ越し、訪ねて行くのは初めてでした。住宅は被害を受けなかった地域ですが、断水、食糧不足、ガソリン不足で苦労したそうです。2時頃に到着した時は妹の夫さんがまだ出勤前で会うことができました。仙台空港近くにある、○○物産の会社は津波の被害にあい、現在別のところで業務を再開し、新しい事務所を開く準備をしているとのことでした。

 お茶を呼ばれたあと、近所のお寺のそばの展望台に行きました。津波で大きな被害を受けたゆりあげ地区がかすんで見えました。名取川の手前は田植えを終えたばかりの田んぼが広がり、3月のあの日がなかったら、いい景色だね、というだけで済んだのですが・・・・。