電気料金の値上げ?

2012年1月19日 17時43分 | カテゴリー: 活動報告

「原発」都民投票 直接請求署名活動

 原発都民投票の条例制定を求める署名活動の署名期限は2月9日まで。あと3週間と迫ってきた。今回受任者として登場した人の中には、駅に立ち続けてくれる人、毎日歩き回って10名20名と署名を集めて署名活動が面白くなってきたと言う人、平日は仕事に出ているので週末限定の活動と言いながら着グルミを使って少しでも目立ちアピールしようという人も現れ、背中を押されるような毎日です。

 そんな中、細野豪志原発事故担当相は1月6日原発の寿命を40年とする方針を発表しました。
以下は東京新聞から引用ですが…

 原子炉等規制法改正案を17日の通常国会に提出すると発表。初めて原発の寿命を明文化。その際運転延長の例外規定を設ける可能性にも言及した。原子炉に劣化が生じても安全性が確保されると認められた場合、最大20年延長を認めると。40年という寿命自体アメリカの原子力規制委員会の(NRC)の規制に倣ったもので延命期間もそれにならったもの。

 例外を設けざるを得ない理由は、電力会社の財産権の侵害を考えてのこと。この発表を受けて、小出裕章さんは、老朽化した原発が危険なのは自明と述べた。・・・

 その小出裕章さんが2月26日に和光大学で講演します。政府の対応や原発の状況についての生のコメントをぜひ聞きたいと思っています。

 また東京電力の電気料金が、改定に政府の許可が必要ない電気料金を4月から平均17%引き上げる事を発表。福島第1原発事故後、火力発電の比重が高まり、燃料費が増加した分の1部を値上げせざるを得ないということ。契約電力50KW以上の工場など約24万円。

 昨日のTVニュースでは料理専門学校の授業に使うオーブンの電気代が2倍になるが、授業料には反映できないと嘆く経営者のことが紹介されていました。

 14日に横浜で開かれた『脱原発世界会議』に参加して、海外でウラン鉱を採掘するのに、莫大な資金が投入されている、と知ったばかり。この報道は原発がなくなったら電気代が上がる、とのイメージを植え付けるのものではと心配になりました。

 日常の生活だけにとらえて、やっぱり原発がないと生活が圧迫される、不便になると思わせるからくりはもう信用できません。