久々の大戸緑地は整備が進み・・過ぎていた!

2012年5月14日 15時08分 | カテゴリー: 活動報告

都立大戸緑地、牛田谷戸を歩く

山道のようだった遊歩道は土手が削り取られアスファルト舗装
山道のようだった遊歩道は土手が削り取られアスファルト舗装
 大地沢方面には2010年度は何度か通い、議会の一般質問でも取り上げましたが、昨年は行くことができず、今回連休の合間に、大地沢青少年センターに隣接する都立大戸緑地の牛田谷戸に行き、整備の進んだ現状を見て回りました。

2010年の時点では芝生を張った広場と駐車場ができていましたが、池が作られ、トイレか休憩所と思われる新築の屋根が建設中でした。山道のようだった遊歩道は土手が削り取られアスファルト舗装され、車も通行できるような見事な(無残な?)道路に変わっていました。
林だった場所も切り開かれ新たに植林され、園芸種と思われる派手なスミレも群生していました。

 ホームページでも公開されている整備計画を見ると牛田谷戸は保全活動拠点ゾーンになっています。その東側にはレクリェーションゾーンとなっていてオートキャンプ場の計画もあります。背後に緑の環境があるといっても、レジャーランドになっていく様を見るのはつらいものです。 
 
 整備のあまりの進み方を愕然としながら、イチリンソウ,ウラシマソウ、ムラサキケマンなど盛りの花を愛でているうちに雨が派手に降り出し、残念でしたが早々と引き上げることになりました。