今年最後の収穫

2012年12月23日 18時28分 | カテゴリー: 活動報告

10年以上ゆうきやま農園の会員をしています。金井町にある住宅の一角に畑はあります。。もともと高齢の方の活動と農地を残す活動がコラボした福祉農園としてJAと高齢者福祉課の協力を得て華々しくオープンしたのですが、その後、特に市の事業に位置づくことはなく、サークルのような形で淡々と活動を続けてきました。

私は週末も子どもや別団体のイベントで作業に出られない日が続いているうちに10年以上が過ぎていまだに年末だけの活動の会員です。

そんな幽霊会員をかかえながら10年以上存続してきたのも、週末だけの定例作業日以外にも、頻繁に畠の見回りや管理をしてくれるメンバーがいればこそです。小松菜の畝を1列分抜いて、根っこを切り黄色くなった葉を取り除いて、会員御人数分にわけて…。雨上がりで湿った土が泥団子のようになり根に絡まっていて、小松菜だけで1時間以上の作業でした。ほかにも白菜係、ホウレンソウ係、サトイモ係などそれぞれが、収穫作業に励みお昼過ぎに終了。日頃の農家の方の収穫と出荷作業のご苦労を想像しました。