麻布獣医大同期生の伊澤史朗君、双葉町長になる ~3月11日~

2013年4月5日 10時45分 | カテゴリー: 活動報告

  昨年10月、伊澤君双葉町の家族での一時帰宅に渡部も誘ってくれ、現地を回ったことはコア122号の記事に書きました。当時は双葉町議会議員でしたが、井戸川町長との双葉町の今後の方向性を巡って不信任決議を出したが否決されたことをたっぷりと語っていました。

昨年 大学同期の双葉町町議会議員の伊澤君の一時帰宅に同行

 

 

 

 

 

 

 

  その後2012年12月議会で議会は全会一致で町長に対する不信任案を可決、すわ町長の辞職かと思いましたが、町長は議会解散の決断を下したのです。延期になった統一地方選は2011年11月に行われたので議員は1年過ぎにまた選挙をしたことになります。

  再選後は、議会と住民の討論会があちこちの避難先で行われて、多忙を極めていました。2011年選挙では携帯電話に残された電話番号を頼りに、避難所を回り政策を訴えるという活動だったそうで、きっと今回の町議選も同じようなことをしていたはずです。

 そしてなんと町議選の告示日の1月24日に井戸川町長が辞職を表明したため、2月3日の町議選で再選を果たしてホッとする間もなく、町長選に出馬することになったわけで2月28日告示、3月10日(東京大空襲の日だった)に選挙・・、書いているだけでも目まいがしそうになります。

 そして伊澤君は圧勝。双葉町が再出発するために前に進まなくてはと語っていた伊澤君、次の改選期(通常であれば2013年11月だったはず)には町長になってしまうのでは、と予想していたことが早々に現実となりました。

双葉町町民の方のために走り続ける伊澤君が健康であるようにと祈るばかりです。