4月3日春の小山田を歩く

2014年4月16日 13時09分 | カテゴリー: 活動報告

雨にもめげず 散策しました

八王子市立長池公園から尾根幹線を横断すると『横山の道』があります。その途中から鶴見川源流の泉に向かって歩いて行くルートがあります。横山の道の方から小山田を見下ろしたことはありましたが今回初めてそのルートを歩いてきました。

あいにく朝から本降りでしたが、それにめげるメンバーではありません。連れの八王子の市民達は日頃通い慣れたこの景色が、ごみの資源化施設にとって変わるのではないかということ。小山田の田中谷戸には資源化施設、つまり。プラスチック容器の中間処理(収集し、圧縮)とビン・カンの回収施設ができる予定です。

資源化施設ニュースや地図を睨んで、横山の道から源流の泉に至る斜面地は「大丈夫だよね。たぶん」と確認してきました。トトロが出てきそうな潅木のトンネルをくぐったり、カエルの卵を見たり、ホトケノザの花が真っ盛りで紫色と葉の緑色と溶け合って見える群落に見とれたりと、雨の中の散歩を楽しみました。