「アビリティクラブたすけあい」の誰でも来られる居場所づくり

2018年10月16日 15時35分 | カテゴリー: 活動報告

9月17日(敬老の日)、おはぎ作りに参加しました。

私が会員になっているACT(アビリティクラブたすけあい)は介護保険事業が始まる前から、地域で暮らし続けられるよう25年前に設立したNPOです。 家事援助から始めて、介護、子育て支援も手掛けています。地域の人をつなぐサークル活動や集いの場づくりをすすめています。

野津田町のある場所をお借りして、誰でも来られる居場所『げんきかい』の第一回がありました。たまたま敬老の日でしたが、お彼岸も近いということでおはぎづくりをしました。春のお彼岸では、おはぎを作りそこなってしまったので、

180917_1116~01

手作りのおはぎをおいしくいただきました。集まった方の中に中途難聴者の方がいらっしゃいました。筆談でお話をしたり、「おはぎ」を手話でこう表現する、と教えていただきました。

NHKの手話ニュース、手話教室を日頃何気なく見ていますが、この日以来少しでも覚えたいと、真剣に見るようになりました。