国民生活センター、知っていましたか

 

 

 

 

 

 

町田市議会と相模原市議会の視察交流会が毎年行われています。交互に町田市と相模原市の視察を行うのですが、今年は相模原市の独立行政法人『国民生活センター』と『相模原市博物館』でした。どちらも米軍キャンプの跡地との事で、以前視察に来た『JAXA』のすぐ近くでした。
国民生活センターで視察させてもらったのは様々な商品テストを行っている場所でした。ロボットのアームでドライヤ―の根元のコードを1万回連続で曲げて内部の電線の断裂の状態を調べる実験室、プロパンガスを含む防水スプレー、ゴキブリに噴射するスプレーなどの引火実験が行える耐火室、健康被害が寄せられたという強い女性ホルモン用の成分を持つ、タイ原産のイモから作ったサプリメントの見本と成分の分析のできる実験室、非破壊検査ができるCT装置の実験室、電子顕微鏡を備えた実験室、急発進する中国産の電動自転車の走行テストを野外で行えるような自動車教習所のような場所を見て回りましたが、どれも生活に密着した課題に興味深く話を聞きました。市民フォーラムの三階の消費者センターのフロアには、国民生活センター発行のお知らせが何種類も置いてあります。ここから発信されていたのですね。
国民生活センターは教育研修の場所も備えており、宿泊研修やグラウンドも備えています。日常とは別世界のような広々とした敷地の中で勉強合宿をしたら、普段なかなか手が回らない資料も読みこなせるのでは、と思いました。
相模原市博物館は平成7年の開館で、プラネタリウムもあります。遠く上野の国立科学博物館に行くより、近くにこんなに楽しめる場所があるとは。これから時々行ってみます。