9月議会でおおっ、と思ったこと

9月議会が始まっています。

今回の議会の一般質問の中で、私はプラごみを含むゴミの問題を取り上げました。海洋プラスチック問題が年々高まりを見せる中、町田市でももっとアピールしてもいいのではと発言しましたが、粛々と受け止めるという反応でした。

町田市立国際版画美術館でスロバキア共和国の高校生の合唱団が歌を披露しました。

他の議員の一般質問の中で、おおっ、と思えるような答弁がありました。

前回の6月議会では、学童保育で4年生以上の受け入れが明らかになりました。今回の議会では、小中学生の医療費が所得に関わらず、無料になる方針が示されたのです。次年度の予算に絡む事には原則触れたがらない市長も行政も積極的に言及して、子育て世代の納税者を町田市に呼び込みたいという発信をさらに強めたいのだな、と感じました。

明日から2日間、文教社会常任委員会が行われます。この中で、2018年度決算認定に関する質疑も行われます。今、予習に励んでいるところです。

写真は9月8日のスロバキア共和国の合唱団です。見事に調和した歌声が版画美術館のホールに心地よく響き、その素晴らしさにひたすら感心しました。合唱団が創立されて、50年になるとのことです。