小・中学校の休業期間延長・PCRセンター開設

 ヒメリンゴ

本日、町田市立小・中学校の臨時休業期間を延長するとの報告が議会にありました。

現在のところ東京都の方針はそこまで示されていない中で決断したもようです。

学校によって時間差はあるようですが、すでに保護者には発信が始まっているようです。延長期間は、5月7日(木)から17日(日)まで。5月18日以降については、国や都の動向を見て判断するとのことです。

また4月28日現在の町田市内在住の感染者数は、町田市のホームページの「緊急情報」の中で知ることができます。市内在住の感染者の中で、これまでの死亡は0人です。

新聞報道でもありましたが、町田市医師会が「サン町田旭町体育館」の地下駐車場を使い、PCR検査を始めました。市内在住者が対象で、市内のかかりつけ医が診断して検査が必要か判断します。

【受診の流れ】

①患者は、発熱やかぜ症状がある場合、事前に地域の診療所へ電話で相談。

②診療所が受診の要・不要を判断し、必要となったら受診。

③各診療所で診察し、かかりつけ医がPCR検査を必要と判断した場合、かかりつけ医が地域外来・検査センターへ予約。

④患者は、地域外来・検査センターに自家用車などで移動し検査。(公共交通機関は使わない)

⑤結果は、地域外来・検査センターが、かかりつけ医に報告。かかりつけ医から患者に報告。

⑥結果が陽性の場合は、かかりつけ医から保健所に発生届を提出し、保健所が患者へ適切に対応を行う。

これまで通り「帰国者・接触者相談センター」へも電話で相談ができます。こちらは保健所を経由して医療機関を受診することになります。

前の記事

自粛の中で、粛々と

次の記事

5月7日に臨時議会