新型コロナウイルス感染症の対策関連予算について 第2回臨時議会

 

サトイモ

本日、5月22日に開催する臨時議会の告示(議案の公開)がありました。すべて新型コロナウイルス感染症に関連する補正予算の4件です。

  1. 中小企業者の家賃補助で、新型コロナウイルス感染症の影響により売上が減少している市内中小企業者(法人・個人事業主)への資金繰り支援として、最大2ヵ月分の家賃の1/2(1ヵ月20万円を上限に、合計40万円まで)を補助します。町田市ホームページ1面の「緊急のお知らせ」の中に募集要項があります。3月議会やその後の議会で事業者支援の予算を早急に求めてきた要望が実現しました。多くの店舗を抱える町田市だから踏み切った予算措置と言えます。
  2. 二次救急医療機関(市民病院以外の民間病院のうち、内科診療を行っている4病院)の医療崩壊を防ぐための費用。第1回臨時議会では、市民病院の補正予算が可決されています。
  3. ひとり親家庭への支援は、児童育成手当をもらっている家庭に1人2万円を給付するもの。
  4. 小・中学校タブレット端末の事業は、今年度中に全員にタブレット端末配布と、その端末設定の委託料です。

前回の第1回臨時議会と同様に、傍聴席まで議席を拡大して開催します。

★1人10万円の特別給付金は、第1回臨時議会で説明されたスケジュールより2週間早く始まりそうです。早めの給付を求めている市民には朗報です。

<町田市ホームページより> 郵送申請は、5月29日に申請書を発送予定で、6月中旬から順次給付の予定です。オンライン申請は、5月1日から申請受付中で、5月28日から順次給付する予定です。