12月議会より

小山田桜台団地の商店街にみんなの居場所がオープン

人気のレンタルボックス

前回は補正予算について報告しましたが、今回は12月議会で改正された条例などについて報告します。

小山田桜台に新設の「小山田子どもクラブ」(2022年3月開館予定)に関連して、改正が行われました。また、体育館施設などの施設利用料金を値上げする条例改正も行われました。例えば、市民プールの利用料金が2021年4月1日から現行の約1.5倍になります。将来的にも健全に運営されるように、利用形態による利用負担額を見直し、なるべく市民に協力を求めたいという主旨です。議会の中でも様々に議論を行い、決定しました。

「受益者負担の適正化方針」の基にここ10年間近く様々な利用料金が値上げされています。公園駐車場の有料化については、過去に議会の中で長時間にわたり議論がありましたが、今や定着し市民からの苦情も無くなっていると感じています。場合によっては市民サービスの向上に逆行するのではないかという案件も、今後上程される可能性がありますが、しっかり見極めて行きたいと思います。

市議会でも視察が取りやめになり、公務以外でも様々な会合が無くなっています。その分、オンラインでの講演会・学習会に参加する機会が増えました。見識を広げるための活動はそれなりに盛んに行われていますが、新年の集まりが軒並み中止になったことから見ても、飲食業への影響の大きさを感じます。