新型コロナワクチン予防接種の準備が始まります

sinngata

保護猫ポンタクン、資料をブロック

1月28日に成立した国の第3次補正予算を使い、新型コロナワクチンの予防接種がいよいよ始まります。接種券などの作成委託料やコールセンター設置に関する費用を29日に先決処分したことが議会に報告されました。先決処分とは急ぎで対応しなければならない事業について、議会の決定を待たずに市長が決済することです。2月19日から第1回定例会が始まりますが、その前にワクチン接種の準備にとりかかる必要があるためです。

医療従事者から優先的に接種が始まるとのことです。ワクチンと聞くと、「強制接種化か」と心配の声も聞かれますが、予防接種はあくまでも体調を考慮して各自が判断するものです。

まちだ市民クラブ会派は「接種にあたっては、市民及び市議会への説明責任を果たすこと」と要望を出しています。